バナー

定置式ポンプについて

定置式ポンプとは、泥水や汚泥、コンクリートの吸引と排出を行うポンプのことです。

主に泥水や汚泥が発生しやすい土木現場で使われています。

泥水や汚泥は工事の妨げとなり、作業性や安全性の低下につながるため、定置式ポンプで吸引、排出することで、作業性の向上や安全性の確保を図ります。

また、作業性や安全性だけでなく泥水や汚泥が大量に発生することで、工事が出来なくなることもあり、工期が遅れることにもつながるため、安全面や作業性だけでなく、工期の面でも必要であると考えられます。

定置式ポンプには、大型のモノからコンパクトなものまで様々な大きさのモノがあり、コンパクトなモノであればユニック車で移動することが出来ます。


特に水害などが発生した現場で大型のモノが設置出来ない状況にある場合、ユニック車で運ぶことが出来るコンパクトなタイプが役に立つと考えられます。

定置式ポンプについて詳しく知りたいならこちらです。

このように定置式ポンプは、工事現場から災害現場まで、様々な環境で使われております。



定置式ポンプは、購入するには高価なモノなのであり、また購入費用だけでなく維持費も掛かります。

このため、建機をレンタルしている会社からレンタルすることが出来ます。

レンタルであれば維持費が掛からなくなるだけでなく、メンテナンスがきちんと行われているため、常に良い状態で使うことが出来ます。

@niftyニュースの最新情報を掲載しました。

小規模の事業者にとって費用負担を軽減出来るので、仕事が無い時期などには経費の面で助かるのではないかと考えられます。